富裕層に人気のリゾート地の不動産物件

マイホームとして不動産物件を購入する人は多いですが、別荘や投資用として購入する人はまだまだ少数派です。バブル期には、地価が値上がりし続けると信じられていたため、お金のある人は、必要がなくても不動産物件を購入したものです。値下がり前に売り払ってしまった人は良いですが、バブル崩壊まで所有し続けていた人は大変な苦労をしました。買った時の3分の1、4分の1でしか売れない、ということも珍しくはありませんでした。それでも所有しているだけで固定資産税がかかりますので、大損をしても手放す人が大勢いました。 自宅以外に別荘として不動産物件を購入できるほど裕福な人は少ないですが、今でも別宅を購入する人はいます。以前のように値上がりを目論んで、というのではなく、純粋に休暇を過ごすため、というような目的で購入する人が増えました。 現在日本の富裕層に人気がある不動産物件は、リゾートマンションです。その名の通り、リゾート地にあるマンションで、休暇中ホテルではなく自身の所有するマンションに滞在し、リゾート地でのバカンスを楽しむ、というわけです。ゆったりとした間取りの物件が多いので、数家族で滞在することも可能です。 リゾート地の名前がついていても、必ずしもすぐ近くとは限りませんので注意が必要です。

伊東 伊豆高原 不動産 3142

Copyright ©All rights reserved.富裕層に人気のリゾート地の不動産物件.